賃貸業務の代行

リロケーションは仮に物件が自宅であっても賃料を取って貸すという事は、立派な不動産事業です。遠方に転勤してしまえば留守中にトラブル発生となってもおいそれと帰ってはこられませんし、メンテナンスも行えません。

賃料の受け取りはひとまず銀行振り込みとしてもらうにしても、国外であればどのような形で受け取ったら良いかなど細々とした運営管理までは直接扱えそうにありません。その点は不動産業者に依頼する形になります。

自分でどうしてもしなければならないのは青色申告です。個人事業主は基本的に事業立ち上げ申請をしなくても良いのですが、不動産所得の場合は例外で開業届を提出するように指導されます。青色申告を書いた経験がない人でも直接税務署へ行けば親切丁寧に教えてくれますから、心配はいりません。
それ以外で賃貸契約および審査、集客など主流な部分を代行してくれますから、事業経験がないという人でも安心です。

事前に業者と業務委託契約を結んでいる事が前提にはなります。中には審査と契約をも代行してくれる企業もありますが、自分の家を誰が使うのかを確認しておきたいなら審査や確認も自分でした方が良いでしょう。
リロケーションを丸ごと業者に依頼してサブリーズタイプでの運営も可能ですが、通常は所有者と借り主との直接契約となります。
どちらの方式で契約するかは、最初の段階で話し合っておきましょう。

管理人