調度品の管理が問題

リロケーションは貸す側には“安心”というメリットが、借りる側には“グレードアップ”というメリットを提供してくれる、新しい不動産の形です。
特に転勤族の間で評判が評判を呼び採用する世帯が増えていきました。

少しでも不動産業取引の経験があって馴れている人は個人事業主として、家の賃貸をすぐにでも始める事ができるのですが、そうでない場合は賃貸業務の大半を業者にまかせて賃料収入を得るという形をとる事ができます。口にすれば何でもないのですが、自宅をそのまま第三者に貸しだすとなると、それなりの準備や心構えが必要になってきます。

その1つは調度品の管理です。基本的には住んでいたまま貸す事になりますが、住んでもらう人を厳選しないと大切な家具類に傷がついたり汚れたりします。
借りる側も細心の注意を払っての居住となれば、気疲れがしてしまいます。

こうしたリスクを回避するために通常は大事な家具類は持ち出し、あるいは貸倉庫に保管するといった形をとる人が増えています。
もちろんいつでも生活を始められるというのが、リロケーションのコンセプトですから設備管理は最低必要になりますが、それ以外の管理に関しては自己責任という事になります。
住んでくれる人を見つける手間はあるにせよ、多くの転勤族にとってリロケーションはやはり魅力的なのです。

管理人