賃貸業務の代行

リロケーションは仮に物件が自宅であっても賃料を取って貸すという事は、立派な不動産事業です。遠方に転勤してしまえば留守中にトラブル発生となってもおいそれと帰ってはこられませんし、メンテナンスも行えません。

賃料の受け取りはひとまず銀行振り込みとしてもらうにしても、国外であればどのような形で受け取ったら良いかなど細々とした運営管理までは直接扱えそうにありません。その点は不動産業者に依頼する形になります。

自分でどうしてもしなければならないのは青色申告です。個人事業主は基本的に事業立ち上げ申請をしなくても良いのですが、不動産所得の場合は例外で開業届を提出するように指導されます。青色申告を書いた経験がない人でも直接税務署へ行けば親切丁寧に教えてくれますから、心配はいりません。
それ以外で賃貸契約および審査、集客など主流な部分を代行してくれますから、事業経験がないという人でも安心です。

事前に業者と業務委託契約を結んでいる事が前提にはなります。中には審査と契約をも代行してくれる企業もありますが、自分の家を誰が使うのかを確認しておきたいなら審査や確認も自分でした方が良いでしょう。
リロケーションを丸ごと業者に依頼してサブリーズタイプでの運営も可能ですが、通常は所有者と借り主との直接契約となります。
どちらの方式で契約するかは、最初の段階で話し合っておきましょう。

調度品の管理が問題

リロケーションは貸す側には“安心”というメリットが、借りる側には“グレードアップ”というメリットを提供してくれる、新しい不動産の形です。
特に転勤族の間で評判が評判を呼び採用する世帯が増えていきました。

少しでも不動産業取引の経験があって馴れている人は個人事業主として、家の賃貸をすぐにでも始める事ができるのですが、そうでない場合は賃貸業務の大半を業者にまかせて賃料収入を得るという形をとる事ができます。口にすれば何でもないのですが、自宅をそのまま第三者に貸しだすとなると、それなりの準備や心構えが必要になってきます。

その1つは調度品の管理です。基本的には住んでいたまま貸す事になりますが、住んでもらう人を厳選しないと大切な家具類に傷がついたり汚れたりします。
借りる側も細心の注意を払っての居住となれば、気疲れがしてしまいます。

こうしたリスクを回避するために通常は大事な家具類は持ち出し、あるいは貸倉庫に保管するといった形をとる人が増えています。
もちろんいつでも生活を始められるというのが、リロケーションのコンセプトですから設備管理は最低必要になりますが、それ以外の管理に関しては自己責任という事になります。
住んでくれる人を見つける手間はあるにせよ、多くの転勤族にとってリロケーションはやはり魅力的なのです。

リロケーションと転勤

今回は“リロケーションは転勤が多い人に魅力的”というテーマでお話しします。
リロケーションというサービスはアメリカ由来の不動産事業です。世界がグローバル化するにつれ浮上した留守宅管理の問題は、日本国内でももれなく深刻化していました。
転勤が多い世帯では家を購入してもムダになってしまうか、住宅ローンが家計に重くのしかかってきてしまいます。

それゆえ大半は社宅を選ばれています。確かに維持費は普通に賃貸住宅を借りるよりかは格安ですが、家への満足度は住宅購入者よりも、かなり低めというアンケート結果も出ているように、“いつかはマイホームを持ちたい”という夢を、多くの転勤族世帯は持っています。

ところが住宅ローンを払い終わるかどうかといった60代に達すると、もはや移転や購入という発想が薄れていってしまう傾向が目立ちます。“もはや家を購入するエネルギーがない”という高齢者が増えるゆえです。
やはりマイホームの購入は早いうちが良いという事になります。

そこで問題になるのは留守宅の管理とローン返済です。泣く泣く単身赴任するという選択がある一方で、リロケーションへの関心が高まりました。
リロケーションは留守の間だけ自宅に住んでもらって、家中の風通しをよくしてもらうという、新しい不動産の形です。通常は賃貸住宅だと最悪居座りをされるといったトラブルが想定されるのですが、定期借家法を利用する事で貸し主の大半の心配が解消されました。
もちろんリスクも否定できませんが、ともかくも遠方に住んでいても安心という環境が作れるようになったのです。